イーストインディアンローズウッド
5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806 5b3212e15496ff1367000806

イーストインディアンローズウッド

残り1点

¥598 税込

送料についてはこちら

ご発送内容はポット苗1個とネームカードのみとなります、その他の写真は本種に関連する参考写真です。 学名:Dalbergia latifolia(マメ科ツルサイカチ属) 和名:丸葉紫檀(マルバシタン) 英名:ローズウッド/イースト・インディアン・ローズウッド 生息域:インド・ネパール IUCNレッドリストでカテゴリーVU(絶滅危惧Ⅱ類)として掲載 土壌:PH値5.0(酸性) 適温:23~28度(苗の最低気温0℃~6℃) 耐寒温度:少なくとも-1℃ ※hardinesszone9(最低耐寒気温-6.6)説とhardinesszone10(-1.1℃)説がございます。 高さ20~40mの常緑落葉性高木、本種は熱帯モンスーン気候地域に生息、年間最大6か月の乾期でも生息可能、葉が繁り木陰が日除けとして使える為、インドでは街路樹や農園の休憩所用として植えられます、また熱帯域の直射日光に弱いコーヒー・ウコン・ショウガ畑の日除けとして周囲に植え付けられています、インドでは古くから薬用樹として用いられ、樹皮を胃薬・下剤・ハンセン病治療等に使用されております、心材は黒色~濃紫色で白アリ等の虫に対しての耐久性があります、辺材は黄色から薄い黄色です、木材の用途は化粧合板・単板として、家具・楽器・フローリング・仏壇・ハンドル・ナイフや道具等の耐久性が求められる柄の部分等に使用されています。 現在木材がワシントン条約Ⅱ類に掲載されて本種の取引が制限されています。