{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

2022年産紅木・グラナディラ・ニューハカランダ・イーストインディアンローズウッドPPポット苗4個セット

残り1点

¥2,836 税込

送料についてはこちら

ご発送内容はPPポット(ポリプロピレンポット)苗1個と水受け用のトレーとネームカードと室内向け土中殺虫剤の4点となります、その他の写真は本種に関連する参考写真です。 1年効果の肥料を施肥済みですので、来秋までは水遣りだけでも管理可能ですが、来春に植え替えをお奨めしますので、植え替えされた場合は液肥や置き肥をあげてください。 学名:Pterocarpus santalinus 和名:紅木 / 紅木紫檀 英名:レッドサンダー / レッドサンダルウッド 土壌PH値:5-5.5 マメ亜科インドカリン属 IUCNレッドリストカテゴリーENの絶滅危機種 ※カテゴリーENはかなり深刻な段階でキューバンマホガニーもENに分類されております、その先はカテゴリーCR(絶滅寸前)⇒カテゴリーER(野生絶滅)⇒カテゴリーEX(絶滅)に分類されます。 ※1ランク安全な段階(といっても深刻な分類ですが)カテゴリーVU(絶滅危急種)にハカランダと本紫檀が分類されておりますので、紅木やキューバンがいかに希少な品種であるかお分かりいただけるかと思われます。 原産国のインドでは種子の輸出が禁止されており、ワシントンⅠ類並に取引が制限されております、現在木材がワシントン条約Ⅱ類に掲載されておりますが、今後いつⅠ類に指定されてもおかしくない希少種です。 本種に関する資料は非常に少なく、耐寒性やHardiness Zoneは不明ですが、寒さにはかなり弱いようです。 ラテン名:グラナディラ 和名:アフリカ黒檀 英名:アフリカンブラックウッド 学名:Dalbergia melanoxylon(マメ科ツルサイカチ属) 生息域:アフリカ東部~西アフリカセネガル~南ア北部等アフリカ26カ国で生息が確認されています。 IUCNレッドリストでカテゴリーNT(準絶滅危惧種)として掲載 土壌:PH値5.8(酸性) 適温:20度以上 最低気温:Hardiness Zone10 (-1.1~-1.7℃) 熱帯のイメージはありますが、耐寒性はそこそこあります、最低気温が氷点下に達しない暖地では地植えも可能です。 学名:Dalbergia latifolia(マメ科ツルサイカチ属) 和名:丸葉紫檀(マルバシタン) 英名:ローズウッド/イースト・インディアン・ローズウッド 生息域:インド・ネパール IUCNレッドリストでカテゴリーVU(絶滅危惧Ⅱ類)として掲載 土壌:PH値5.0(酸性) 適温:23~28度(苗の最低気温0℃~6℃) 耐寒温度:hardinesszone10(-1.1℃) こちらの品種の精油も存在はしますが、アロマテラピーでのローズウッドオイルとはクスノキ科Aniba rosodoraという科も属もことなる品種ですので、アロマテラピーがご趣味の方は混同なさらないようにお気をつけ下さい。 ※室内栽培を基本にしておりますので、肥料は化成肥料を使用しております、虫が涌きやすい油粕・肉骨粉・くんせい骨粉・骨粉・腐葉土・糞尿等有機物は使用しておりません、培養土内で使用している有機物はピートモスのみです、他は赤玉土・鹿沼土・マサ土・パーライトなどの単体の土を配合して室内で安全に栽培できるように心がけております。 全品鉢の表面に乾燥を防止する水苔を敷き詰めて発送致します。 水遣りは表面の土が湿っている限り3日に一度程度、あげる際にはたっぷりとあげて下さい。 ※生き物ですので完璧ではありません事を、ご理解の程お願い申し上げます。

セール中のアイテム