NEWS

寒風対策

現在苗を屋外やベランダに設置されておられるお客様へ。
湿度や風によりましては、体感温度が予報気温の半分程度の場合もございます。
当方の地元滋賀県湖南市の明日午前6時の予報は9℃ですが、湿度90%で風速1m/sと予測されております、これらの条件を体感温度計算サイトに入力しましたら、体感温度は4.6℃と表示されました、予報が9℃ですが苗は実際には5℃以下の環境下に設置している状態です。※植物も人間と同じく風による低温障害でダメージを受けます。
こちらが計算サイトです。
https://keisan.casio.jp/exec/system/1257417058

植物はダメージを受けてからよりも、受ける前に対策をとられました方がより春の回復や成長が早くなります、冬に葉がすべて落葉した場合、回復が7月頃になる場合もございますが、冬に葉の変色や落葉を最小限にとどめた苗は4月5月でも立派な苗に成長します。

現在屋外やベランダに苗を設置されているお客様(特に2018年産)は寒風対策として屋内に設置されるか、簡易温室等で風除けの対策をお願い致します。

こちらはホームセンターやアマゾン通販等で販売しております、カバー付き簡易温室です、棚なしで980円程~棚ありで3980円程です。
知恵者の方より教えていただいたアイデアですが、簡易温室+替えカバーも同時に購入されて、2枚重ねにされる事で間に生じた空気の層で外気の寒さを遮断する方法もございます。
※100円ショップに120L等の大型サイズのビニール袋でも代用は可能ですが、風でゴシャゴシャ音を出したり、手入れが面倒になりますので新規で温室を購入される方は二枚重ねも良いと思います。
※暖地のお客様も0年生のポット苗の場合は、12月~2月はなるべく室内越冬をおすすめします。

背が高い多年苗を沢山お持ちのお客様や、棚を設置する場所や冬季以外の季節に収納スペースが少ないお客様には、写真①の農業トンネル栽培用資材のダンポール(DanPole)をお勧めします。
100円ショップにも売っております、ホームセンターでも1本100円前後です、1.5m~2.8m程のサイズまでございます。
写真②のように2本のダンポールをクロスさせて箱に取り付けます、ダンボール箱の場合は2つ重ねの方が強度は高いです、ビニール袋で保護してさらに底に水受け皿を設置いただけましたら、ベランダでも1冬使えます、頂点中心のクロス部分をビニールテープで固定した方が形状が安定致します。

③最後に透明ビニール袋を被せましたら風除けが可能です、2枚重ねをお勧めします。100円ショップに売っております、ポリエチレンは丈夫ですが、塩化ビニールの方が耐寒性能は良いです、③の写真は45L袋です、100円ショップではその他70L・90Lや120Lというのもございます。風でまくれあがらないようにポール部分あたりを洗濯バサミで固定するのも良いかもしれません。

※春に解体されましたらダンポールは真っ直ぐに戻りますので、簡易温室ほど収納場所をとりません。