NEWS

フーペイローズウッド元気です。

現在通常のビニールハウス内に設置しているローズウッドはノースインディアンローズウッド(右)とフーペイローズウッド(左)の2種のみです、インダイクと南嶺黄檀はノースに近いコンディションでしたが、在庫が少ない為に念の為、冬仕様のハウスに設置しました、明日で12月になりますので、そろそろ亜熱帯ローズもコンディションが微妙な状態になりそうです。

他の熱帯のローズウッドは温床内に設置しております。

学名:Dalbergia hupeana
英名:フーペイローズウッド
漢名:黄檀
和名:檀

写真でみるとノースとフーペイどちらも元気に見えますが、ノースは他に数トレーありますがそちらはほとんどが葉に変色が生じております、この1トレーに出荷できる状態の苗を集中している状態です、フーペイはこのほかに2トレーございますが、左の写真と同レベルでノーダメージの状態です、やはり温帯に生息しているローズウッドだけあり、耐寒性が強いです。

南嶺黄檀とインダイクも元気な苗はございます。
耐寒性の順位は現在のところ
フーペイ>ノース≧インダイク>南嶺黄檀
といった印象です。

フーペイローズウッド(学名Dalbergia hupeana)
ノースインディアンローズウッド(学名Dalbergia sissoo)
インダイク(学名Dalbergia cultrate)
南嶺黄檀(学名Dalbergia balansae)

Dalbergia sp.も耐寒性があるかもしれません、こちらは植え替えをしていない2017年産の一年生ですので、やや耐寒性があるのかもしれませんが、夏仕様のハウスに放置してあるにも関わらず、葉が変色しておりません、ヴェロニカに葉の形状が似ておりますが、耐寒性が強いのであればコインヴァインの可能性もあるかもしれず、葉を成木と同じような形状まで生育させないと特定できないかもしれません。
ヴェロニカは中米~南米に生息しております、コインヴァインはフロリダなどの北米南部~中米・カリブ~南米に生息しております。
ヴェロニカ(学名Dalbergia monetaria)
コインヴァイン(学名Dalbergia ecastaphyllum)